ワキガ対策

ワキガ対策のまえに、本当に腋臭なのか確認しましょう。
ワキガ対策

ラポマインが人気です

本当にワキガかどうか確かめましょう。

ワキガは、遺伝的な要因が大きいアポクリン腺が発達した体質のことですが、 平均的なアポクリン腺の量であっても、ワキガだと思っている人も多いようです。
また、逆に多少ワキガであっても、気にせずに過ごしている人もいます。
ですから、ある程度のワキガであれば、気持ちの持ち方を変えるだけで、 身体を清潔に保っていれば何の問題も無いのだと思います。

ただ、中学・高校などでは、人の欠点をあげつらう傾向があるため、 それほどひどく臭わなくても、からかいの対象にされ、本人が悩むということもあるようです。
しかしながら、それもワキガを客観的に判断できれば、不必要に悩む必要はないわけです。

まずは、ワキガなのかどうかを、きちんと判断しましょう。
悩むのは、その後でもいいはずです。

ワキガチェック

1.自分でチェックしてみる

ワキガ体質かどうかをセルフチェックできる、客観的な方法があるのでご紹介します。
このチェックを行っても、生活習慣や食事の内容によりワキガ臭にも個人差がありますので、一応の目安程度に考えてください。

 >> ワキガ セルフチェック

2.身近な第三者に聞いてみる

ワキガを客観的に判断するためには、信頼のおける第三者に聞いてみるのが、一番早い判断方法です。 その場合も、相談する相手との関係がしっかりしていないと、真逆の回答を得る場合があるので注意が必要です。
学生であれば、保健の先生や信頼する先生に聞いてみるのもよいでしょう。

3.病院のカウンセリングを受ける

ワキガ体質かどうかは、病院の「試験切開」で確かめる方法があります。
これは、実際に脇の下を切開して、アポクリン腺の大きさを確かめるもので、 これにより客観的にワキガ体質なのかどうかが判断できます。
ワキガ体質と判断され、なおかつ本人がワキガで悩まれている場合には、 手術という方法が一番確実に悩みを解決してくれると思います。

しかし、ここでも問題があります。
もちろん、腕の良い病院を探すことは重要です。しかしそれよりも、手術をしても臭いが気になる悩み性の人には、手術が成功してもワキガで悩む傾向があります。

それは精神的なワキガです。

そのような方に必要なのは、十分なカウンセリングです。
こちらに、いくつかの腋臭専門のクリニックを掲載しています。これらのクリニックでカウンセリングを受けられることをお勧めします。





ワキガ対策 トップに戻る
HOME  | サイト運営組織  | 特定商取引法に関する表記