ワキガ処置による、ワキガ対策

メスを使わないワキガ手術の種類と金額について説明します。
メスを使わないワキガ手術

ワキガ手術の前に

ワキガの手術を行うには、手術する器具や機器が必要です。 そのため、クリニックが持っている機器に対応したワキガ手術しかできません。
また、ドクターがその機器での手術をマスターしているかどうかで、手術可能な方法が決まります。

例えば、マイクロシェービング法の手術を受けるには、マイクロシェービング法ができる機器を設置しているクリニックに行かなければなりません。 ですから、自分がどの手術を受けたいのかを事前に考えて、その手術ができるクリニックを選ぶ必要があります。

ワキガ手術

手術を市内ワキガ対策は、アポクリン腺の位置を確認できないため根本的なワキガの解決にはなりにくいです。 特に強いワキガの方には、手術が良いと思います。
皮膚を切開して行う方法は、アポクリン腺を確認しやすいので、ワキガ対策としては効果的です。
ただし、切開部分は小さくても、脇の下全面の手術をするため、脇の下全体が赤くキズとして残る場合もあります。 費用対効果や、キズのことも考慮して手術を選択するようにしてください。
手術にあたっては、クリニックのドクターとのカウンセリングを経て、充分に納得の上に受けてください。

メスを使わないワキガ処置 ワキガ注射(ボトックス法)、照射法
電気分解法、インフォレーゼ法、電気凝固法
メスを使うワキガ手術 クイック法、反転剪除法、コンビネーション法
吸引法

メスを使って、皮膚の一部を切開して行うワキガ手術

脇の下を切開して行う脇田手術について説明します。

ワキガ手術 吸引法

脇の下の一部を数ミリ程度切開し、その隙間から特殊な器具を差し込み、腋臭の原因となるアポクリン腺を削除・吸引する方法です。 挿入する器具に特徴があり、その器具の種類や方法により手術の名前が変わっています。 いずれにせよ、先の細い器具の先に細かい回転するシェーバーのような歯がついており、 アポクリン腺を削りとりながら、けずった部位を吸引していく方法です。

・マイクロシェービング法
・ローラーシェービング法
・ローラークランプ法
・クアドラカット法
・超音波法
・超音波サーマル法

●マイクロシェービング法、ローラーシェービング法が可能なクリニック(主に男性)


札幌、仙台、東京(大宮、船橋、新宿、神田)、横浜、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、沖縄にクリニックがあります。
切開法(組織削除法) 両脇 420,000円

●超音波吸引法が可能なクリニック(男性・女性)

美容外科
男性 20分〜40分 298,000円
女性 20分〜40分 248,000円


ワキガ手術 剪除(せんじょ)法

脇の下を数センチ切開し、皮膚の裏側に付いているアポクリン腺を目で確認しながら取り除く方法です。 アポクリン腺を確認しながら取り除いていきますので、確実に対処できることと、再発の恐れが少ないことが特徴です。
しかしながら、作業が細かいために手術の時間がかかります。 また、手術費用の高額になる傾向があります。 強いワキガの方や、完全に治療したい人、再発したくない人に向いているワキガ手術です。
ただし、個人差もありますが、傷口が比較的大きいことと、削りとった皮膚の癒着面が広いためにアザのように赤く残る場合もあります。

・直視下摘除法
・剪除法
・組織削除法
●直視下摘除法が可能なクリニック(男性・女性)
美容外科
男性 40分〜60分 348,000円
女性 40分〜60分 298,000円






ワキガ処置 トップに戻る
HOME  | サイト運営組織  | 特定商取引法に関する表記